美容と健康と環境にやさしい水を提供します。手軽な軟水機から業務用軟水機まで、軟水機のことなら「株式会社 沖縄バイタル」

電解水素水(アルカリイオン水)

  1. トップページ
  2.  > 軟水機の選び方

軟水化の仕組み

沖縄で一般的に「石灰」と呼ばれるのは、カルシウムやマグネシウムといった硬度成分のことです。軟水機はこの硬度成分を取り除き、「硬水」を「軟水」に変える機械です。軟水機の内部にある「イオン交換樹脂」が硬度成分を吸着し、軟水へと変えてくれるのです。ただし、イオン交換樹脂による硬度成分の除去能力には限界があるため、定期的に塩水を使用し洗浄しなければなりません。これを「再生」といいます。

軟水機の選び方

軟水機を選ぶ際に重要なポイントは、以下の二点です

① イオン交換樹脂の種類と量
一口にイオン交換樹脂といっても様々な種類があります。沖縄バイタルでは創業43年の歴史の中で、国内外様々なイオン交換樹脂を試し、最も軟水の安定度が高く、樹脂の寿命も長い現在の強酸性陽イオン交換樹脂(アメリカ製)に辿り着きました。 また、イオン交換樹脂の量も重要です。量が少なければ、硬度成分の除去能力のキャパシティが低くなるため、再生頻度を多くしなければ安定的に軟水が作れなくなります。再生頻度を早めるということは、より多くの塩を使用しなれければならないため、ランニングコスト(維持費)が高くなります。また、樹脂自体の劣化が早まり寿命が短くなるため、短い間隔でイオン交換樹脂自体を交換する必要があります。
沖縄バイタルでは、軟水の安定度を最優先に考え、イオン交換樹脂量を28ℓ~としています。

② 再生タイマーの種類
イオン交換樹脂の再生頻度を管理するタイマーは大きく2つに分けられます。

< 日数式 >
 再生頻度を日数で管理するタイマーです。イオン交換樹脂は、水の硬度と樹脂量により再生が必要となる水使用量(例:12トンに1回再生)が決まります。日数式は、一日の水使用量を想定し、日数により再生頻度を決めます(例:1日に水1t使用すると想定すれば、12日に1回再生)。そのため、通常より水の使用量が少なければ、塩を無駄に多く使用し、逆に通常より増えれば、再生が間に合わず、軟水にならない期間が生まれます。

< 流量式 >
 再生頻度を水使用量により管理するタイマーです。タイマーには、水の流れを感知して水量を計測するコードがあり、再生が必要となる水使用量に到達した時点で再生を行います。そのため、無駄に塩を使用することもなければ、常に軟水の状態を維持することができます。
沖縄バイタルでは、よりお客様の財布の紐に優しく、無駄に資源を消費することがない流量式のタイマーを主力としています。

機械の価格とランニングコスト(維持費)は、取り付け場所の硬度(石灰の量)と水使用量(世帯人数等)により異なります。詳細にお聞きになりたい方はお気軽にお問合せ下さい。(特殊工事が発生する場合もありますので、正確なお見積りには下見が必須です)

株式会社沖縄バイタルのお問合せ先

トップへ戻る